自動車保険見積り みかづきめがね | 祝ドラマCD

祝ドラマCD

  • 2017/04/26 01:00
  • Category: 雑記
無職転生のドラマCD買ってきました
色々と感想言いたいけどツイッタにネタバレ流したくないので追記にだらだらと
ドラマの構成は、ロキシーを救出するまでの前編とヒュドラ戦の後編の二部構成でした
前半はルーデウス視点で
いきなり3階層から始まり
ノベル版では描かれていない119話から120話までの音声化です
雰囲気としては視聴で聴けるとこのまんまですね
元黒狼の牙同士の距離感がとても良いです
神の気配がしますって言って壁ぶち壊して走り出したってのはそのままありました
発見したときのロキシーがまじかわです
ロキシー好きな人はここ聞くためだけにこれ買っても良いでしょう
ロキシー発見から嘔吐までの下野さんの演技が凄い
テンション上がって落ちて、キメ顔してそうな「こうしてロキシーを救出した」までの流れにゲラゲラ笑ってました

後半はヒュドラへの魔法陣に入るところから
そして視点がパウロに変わります
前半より内面描写が多めになり、最後が分かっているだけにパウロのセリフ一つ一つで泣きそうになってました
一度撤退したあとの作戦会議はノベル版読みながら聞くと、ルーデウスとパウロの2視点の表と内面が比較できて良いです
このセリフはこういう感情から出てきたものだったんだなってわかります

戦闘中はノベル版読みながらの方が動きがわかりやすいかも

最後はほぼほぼ、パウロの独白
自分の死を認識したパウロがゼニス、ノルン、アイシャ、リーリャのことを想い、まだ死にたくないと叫び、でもルディが死ぬよりはマシだと納得して死んでいく
そしてパウロの意識が切れたところでこのドラマCDは終わります
ぷつりと、その後がどうなったかの情報は無し
このせいで聴き終わったあとの喪失感がすごい
わかりきってたはずなのに、パウロの死を受け入れたくない
パウロの家族への想いや未練の内面描写で久し振りにぼろぼろ泣きました

今回、店舗特典や初回特典でSSがありますが、リーリャメインとロキシーメインの両方の始まりが、パウロの葬式 から始まっているのと、ブックレットが恐らく、お墓の前で昔話という形を取っているのでまだ手をつけられません

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://theazuresky.blog104.fc2.com/tb.php/884-b876cb9b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Author:あずれい

左利き。

「http」をNGコメントにしてあります アドレスを貼る際は ttp 等にしてください

Pixiv

twitter

模型配信

ブログランキング